農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

静岡おでんを食べる

 さて、熱海から静岡までは東海道線の普通列車で。始発から終点までの電車なので、ゆっくり座って。
 途中の清水やら焼津やらのあたりは、海沿いだけれど結構な都会ではあるね。
 そんなこんなで、熱海に着いたのは17時近くで、もうくらい感じ。
静岡駅地図
 車で先に静岡に来ている友達と待ち合わせて、静岡名物のおでんを食べる予定なのだけれど、どうも集合が遅れているらしい。
 先に宿の「静岡タウンホテル 」にチェックインして、しばし待つことに。

静岡タウンホテル 

静岡タウンホテル 
画像提供:じゃらん.net

静岡駅にも近く繁華街や飲食街のほぼ中心に建ち利便性抜群。機能性を重視したプライベート空間でお寛ぎいただけます。パン+ソフトドリンク+3種のあったかスープのご朝食は無料。夕食はデリバリーOK
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:静岡県


イルミネーション地図
 静岡駅からの通りは、正月のイルミネーションで飾られている。
 静岡おでんの有名なところは、小さい店がひしめく青葉横丁ということで、そちらの方にさまよい出てみる。
 さすがに腹がへったよ。
青葉横丁地図
 青葉横丁はこんな感じ。懐かしい感じの赤提灯が並ぶ狭い道には、これまた狭い店が入っている。今日の人数は5人なのだけれど、5人入ると店がいっぱいになってしまいそうなところばかり。
 周辺には、青葉横丁と青葉おでん街があるのだけれど、どちらも店構えは同じくらい。
はん兵衛地図
 結局その後もいろいろとさまよいつつ、腹の減りが限界に達した辺りでお店へ。

 静岡駅の逆側にあるお店。こちらで念願の静岡おでんやらクロはんぺんやらを頼み、宴会。
 静岡おでんはだしの味が濃い目。これに、魚粉と青海苔の混ざったふりかけをかけていただく。なかなかおいしかったよ。

 食べたあとは、ホテルへ。車組みはみな高級そうな近くのホテルへ。私は、駅の逆側のビジネスホテルへ。ブルジョワめ。



関連記事[青海苔 焼津 始発

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [静岡]::タイトル一覧
前後の記事 - [グルメ]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP