農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

香嵐渓・駿河湾クルーズ

 11月。父親が80ということで、今度いつ旅行に行けるかわからないから、旅行に行きたいと母親が相談してきた。
 父親も最近認知が進んできたので、私が一緒に行ってくることに。
 旅行のツアーは、「クラブツーリズム」にて「香嵐渓・大井川鉄道SL列車・奥大井トロッコ列車・駿河湾クルーズ2日間」というツアー。
 母親は列車や飛行機ではなく、バス旅行が好みということでバスで。
 集合場所は上野か北千住だったのだけれど、バス乗り場まで父親を連れて行くのが一苦労。でも、バスに乗ってしまえばどうにかこうにか。
駿河湾クルーズ
 まずついたのが清水港。ここからバスを降りて遊覧船に乗ってクルーズ。晴れているので、風が心地よい。若干渋滞に巻き込まれて、違う場所からの乗船だったけれど、特に問題なく。
 結構遊覧船には人が多い。観光ルートとして有名なのかもしれない。

三保桟橋地図
 終点は三保の松原のそばの三保桟橋。漁港が近いだけあって、遊ぶ場所や寿司屋なんかが多い。ただ、ここは休憩だけなので短時間。
 そのまま、香嵐渓に向かう。
香嵐渓駐車場からの露店
 香嵐渓までの高速道路は順調。でもそのあとの香嵐渓そばの道は、バスやら一般車で渋滞。さすがの観光地だけれど山の中なので道が細い。その道に多数の観光客の車が来るからひどい渋滞。予定より1時間以上遅れてついた。
香嵐渓の橋地図
 少し遅い時間にはなったけれど、人手はだいぶ多い。香嵐渓が見えてきた橋のあたりから山を見ると、だいぶ紅葉している。ライトアップはもう数日あととのことで、紅葉のピークはもう少し後なのだろう。
ライトアップされたモミジ
 だけど、この人手を見越したのか、ライトアップが急遽本日から行われるとのことで、モミジがライトアップされていた。
 明るいうちのモミジ鑑賞もよいけれど、ライトアップされるとまたきれいな感じで。
 そんな感じで、散策しつつ、露店で物を食べつつ。

 宿には19時に到着。夕食のバイキングには間に合ったようだ。
 宿は、ホテルリステル浜名湖。


 三ケ日温泉のお湯と、部屋の窓から見える浜名湖が売り。浜名湖沿いの湖岸に立っていて、なんか細長い。若干狭いように感じたけれど、眺めがいいのは良かったかな。



関連記事[浜名湖 三保 湖岸

前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [静岡]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP