農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

奄美の名瀬港から奄美文化センターへ

 奄美大島の休日。泊まっている名瀬のホテルから、少し湾岸沿いを歩いてみることにする。
 宿の「奄美ポートタワー」から市街地とは逆、北側に歩いていく。中学校を過ぎて道伝いに右に曲がっていくと、広く開けた港の部分が。
名瀬港入口方面地図
 名瀬港の入口方面に広く。この辺りは公園にもなっているようで、横には小さな遊具がある場所もある。
対岸方面の空中道路
 対岸を見ると、海の上を通る道空中道路が見える。

埠頭の先まで地図
 とりあえず埠頭の先あたりまで歩いてみる。今日は休日だということで、湾岸の作業員もいないけれども、特に釣りやレジャーをする人もいない。釣りをするならもっと岩のある場所に行くだろうし、あまり魅力もないのか。
 おなかもすいてきたので、県道方面に戻って店を探すことにしようとしたら、ホテルの1Fのレストランでランチをやっていることに気が付く。
 ホテルは「ホテルビックマリン奄美」

ホテルビッグマリン奄美

ホテルビッグマリン奄美
画像提供:じゃらん.net

絶対にお得なGotoトラベルレンタカー付プランもあります。じゃらんより お得セール中の奄美ラッキーレンタカー予約できます。朝食バイキングが好評で鶏飯もございます。食べ放題夕食付もお得です。
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:鹿児島県



 宿泊客向けには、鶏飯ランチバイキングをやっているようだけれど、海で魚が食べたかったので海鮮丼セットを頼む。
海鮮丼セット地図
 海鮮丼は、イカとタコ、軽く湯通しした刺身、魚卵がのっている。さっぱりとした感じの味で、適度におなかを満たす。
奄美文化センター地図
 レストランから北へ向かうと、奄美市立奄美博物館と、奄美文化センターがある。今日はイベントをやっていたようで、庭には多数の家族づれの姿が。タコ焼きや焼きそばなどの露店なんかも並んでいる。博物館があるので、早速そちらに入場。
 すると、入口に行っても誰もいない。呼び鈴を押して、チケットを買って館内を歩く。
 館内は、奄美の歴史の展示やら。少し前の水害で壊れたり水没した歴史的な道具たちや書物が階段なんかに無造作に保管されている。それほど広くないので、保管場所が難しいのか。
 最上階に、奄美の生き物たちの展示が。正直これがメインと思ったのだけれど、なんだか手入れがされていないようで。でも、天然記念物のアマミノクロウサギのはく製や数々の貝や昆虫の標本を見ることができた。
 でも、あまり観光客は来ないのかもしれない。日曜だというのに、客は私一人の模様。
がじゅまるの木と高床式倉庫
 庭にも展示があり、がじゅまるの木と高床式倉庫の復元したものがある。これ、屋根に見えるところが倉庫になっていて、梯子でのぼって保管するそうだ。
堤防ぎりぎりから地図
 文化センターの先は一般の人は立ち入り禁止になっていて行かれなかった。水道局の管理地らしい。とりあえず、堤防のヘリぎりぎりのところまで行って、先方の灯台を。海が青い。このあたりもサンゴがあるのだろうか。天気が良くてよかった。



関連記事[アマミノクロウサギ はく製 名瀬

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP