農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

熱海から土肥金山で金を

宿の朝地図
 さて、熱海の朝。さすがに高いフロアから見る熱海の景色は最高だ。ちょっと天気が悪いかと思っていたけれど、なかなかどうして良い天気だ。

伊東園ホテル熱海館

伊東園ホテル熱海館
画像提供:じゃらん.net

JR(熱海駅)より徒歩約2分の好立地に建つ宿。観光、ビジネスにも利便性が高く、ホテル直下より湧き出る自家源泉は、熱海温泉の中でも古い歴史を誇る。岩盤浴も無料で大好評!
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:静岡県


宿の駐車場
 宿でバイキングの朝食を取ったら、早速観光に。このやどの駐車場には、どうも廃ホテルの跡地のよう。駐車場の壁は、ホテルを解体した時の壁が残っている。コンセントや窓のあとが痛々しい。
熱海城地図
 まずは熱海周辺ということで、宿から見えた熱海城へ。城と言っても、観光用のもので、なんだか神社のような色合いで神様の像があったり。外国人むけだろう、これ。
熱海港方面
 高台の一番上にあるので、景色はかなり良い。熱海港方面を一望できるこの場所には、喫茶店がある。
伊豆半島方面
 そして、熱海城横の広場からは、伊豆半島方面が。さすがに大晦日なので、風が強くて寒いけれど。
熱海城駐車場
 さて、熱海城に入るのかなと思ったら、皆様移動しようという話に。たしかに、城の中はビルみたいな美術館みたいになっているから、入らなくても良いよね。
 そして、次の目的地、土肥金山へ。
土肥金山地図
 熱海から土肥までは伊豆の山道を抜けるルート。細くなったり広くなったりで、渋滞したり迷いつつ、何とかたどり着く。ここでは金山体験ができて金さがしができるとか。
金山内部見学
 そして金山へ。金山の中は結構湿気がある。金の鉱脈も少し残っているらしいけれど、掘りつくされていたるところに人形が置いてある観光用の坑道ではある。
砂金探し
 そして本題いよいよ砂金探しに。砂金探しは、プールというか長い水槽の中に砂が敷き詰められていて、この中に砂金が沈んでいる。
 渡された皿に砂を入れて、まわすように水と軽い砂を捨てて、底に残った重い金を拾うんだそうだ。じっくりやってみて、10粒程度の砂金をゲット。
遅い昼食
 売店には食堂もあるので、金箔をまぶしたイカ入りのぬめぬめの海草丼。体には良いが、まあ海草。
 一緒にお土産を買ったのだけれど、一番人気は金塊カステラだそうだ。次が金箔入り葛餅。そして金箔入りのお酒を買って、お土産はOK。
相模湾と富士山地図
 さて、東京に帰る前に恋人岬に寄ろうという話になった。今回のメンバーは既婚者と独り者。そんなんで来て良いのか?
あれくれる波
 恋人岬の下は結構な荒海。大人数でわいわいやっていると、後から来るカップルの邪魔をしているよう。大晦日にもなってね。
恋人の像
 そしてこれが恋人の像。ちょうど後ろに富士山が。なかなかのロケーション。
この絶景を見て、2010年も終わる。そんな感じで、東京へ。



関連記事[荒海 砂金 坑道

該当無し
前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [熱海]::タイトル一覧
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP