農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

梅ヶ島温泉から焼津港へ

 さて、暮れも押し迫った大晦日。「おもいでの宿 湯の島館」で温泉を堪能して、遅めの朝食から。
朝食
 朝食は、和洋取り揃えたきれいなお膳。温泉旅館の朝だわね。

おもいでの宿 湯の島館

おもいでの宿 湯の島館
画像提供:じゃらん.net

五右衛門風呂のある「風の湯」、湯上りは琉球畳でごろり「林の湯」囲炉裏のある「火の湯」、洞窟風呂の「山の湯」特徴ある4つの貸切風呂を制覇! 客室数6室の小さな宿らしい家庭的なおもてなし♪
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:静岡県


宿の前
 朝食を済ませたら、みんなで少しやどの周りを散策。この周辺は、目の前が安倍川で、両脇は山。安倍川の始点や三段の滝もすぐにあるところ。
温泉公園地図
 少し上流に行くと橋があって、その先に公園と神社が。確か数年前に来たときは、この公園のところに共同浴場があったはず。そこが変わったようだ。
 神社の周りは山肌で、裏手にはお湯の噴出し口があるらしい。
砂防ダム地図
 道沿いに安倍川を登ると、駐車場がある部分が。その先は安倍川を渡る橋になっていて、下には砂防ダムが見える。
氷
 道沿いに、なぜか美しいツララがある部分が。ここは特に水が流れているわけでもなく、なぜこんなことに。
 と、良く見たらがけ沿いに水を流すパイプがあるのが見えた。ここに穴が開いて、噴出した水が凍ったみたいだね。ふむ。
上から見た砂防ダム
 安倍川の上流とはいえ、まだまだ結構な流量がある。さすが、一級河川だけあるね。
始点の立て札
 砂防ダムを望む橋の袂に、立て札を発見。ここが安倍川の起点らしい。起点とはいえ、湧き出しのもとというわけでもないのだね。川は、まだ上流に続いている。
 この起点の立て札から、砂防ダム方面に降りる横道を発見したので、降りてみることに。
砂防ダムの上から地図
 砂防ダムの上流には、なぜか丸木の橋がある。この橋を渡って、向こう岸にいける道がある。登山口かも知れないけれど、わたるのはちょっと怖いかな。
三段の滝地図
 さて、元の道に戻ってから少し上ると、いよいよ三段の滝が。でも、ついてみるとかなり小さめ。砂防ダムの方が迫力があった。
上流の砂防ダム
 滝の上流にはまた砂防ダムが。こちらもかなり近くまで入ることができる。マイナスイオンをたっぷり受けるのは良いのだけれど、12月の川面はとても寒いや。
赤糸の滝地図
 一旦宿に集合して、焼津までの道を確認後、山を下る途中の赤糸の滝で休憩することに。
 この赤糸の滝は、山崩れが起こったときに水が赤く染まったといういわれがあるらしい。
白い赤糸の滝
 滝はかなり立派。遠いのもあるけれど、流量も高さもあって、かなり雄大。水は赤く無いけれどね。
焼津ツナコープ地図
 さてさて、そこからの道中は一本道だったはずなのだけれど、なぜか2グループに分かれてしまって迷いつつ。
 着いた場所は「焼津ツナコープ」。数年前に来たときは、こんな立派な建物ではなかったような。ここでは、お刺身を購入。ちなみに、ホームページから10%割引券がダウンロードできるらしい。事前に知っていればダウンロードしたんだけどね。
 買ったのは、びんちょうマグロと南マグロの刺身。冷凍桜海老。買ったのは良いけれど、包装代と送料で高くついたよ。
焼津港と富士山
 建物の裏手はもう海。そして、遠くに富士山が。東京側から見る富士山とは違った感じ。
まぐろ茶屋
 そんなこんなでうろうろしていると、やっとのことで全員が合流。今は携帯電話があるから楽ではあるね。
 お店はツナコープ内の「まぐろ茶屋」。

まぐろ茶屋

まぐろ茶屋
画像提供:HotPepper

和食

沼津・その他静岡県(その他静岡県)
最寄駅:焼津駅


 マグロ系の物がある中で、車に長時間乗ることを考えて刺身を避け、ほほ肉のカツをチョイス。
 しかしこれが、ちょっとはずれ。きれいに揚がっているのだけれど、脂身の多い魚肉なので、脂っこい上に歯ごたえがやわらかすぎ。焼き魚とか煮物とかには良いかも知れないけどね。
堤防と海
 堤防周辺には、釣り人が多い感じ。水面を見ると、結構魚もいるけれど、あんまりつれてる人が少ないかな。
すんぷ夢ひろば地図
 正月用の刺身も買ったし、あとは帰るだけと思ったら、途中でお風呂に入ろうという話になって、テーマパーク風になっている「すんぷ夢ひろば」へ。こちら、静岡おでんを代表とする食べ物どころとお土産屋、博物館がくっついたところらしい。私はお風呂には入らず、うろうろと。
温泉がわから
 うろうろして良い時間。そろそろみんなが風呂から出てくるころかなと、風呂のロビーまでお迎えに。風呂は別料金だけれど、入り口までは入ることができる。
 もう夕日が出る時間帯。ここからは、各自自由に自宅に向かうことに。私は車に乗せてもらって、うちまで送っていただきました。
 今年もこれでおしまい。来年はどんな年かね。



関連記事[山崩れ 丸木 立て札

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [静岡]::タイトル一覧
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - [グルメ]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP