農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

掛川城とダムめぐり

 さて、「真砂館」での朝食。
朝食
 老舗旅館だけあって、なかなか凝った入れ物に入った和食。量もちょうど良い感じで。

真砂館

真砂館
画像提供:じゃらん.net

☆2016年4月オープン新大浴場、2つの新貸切風呂☆全プラン2種の貸切風呂無料特典☆お風呂は全て加水無しの良質な天然硫黄泉100%☆地元の食材を使ったお食事をご堪能下さい
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:静岡県


 今日の観光のポイントは、まずは市内に出て城を見る、その後山に入ってダムを見るというルート。

川のそばから
 市内の駐車場から川のそばを歩く。天守閣が見えるのだけれど、どうも作り物くさい。なんだろう、デザインというか、色が白すぎるのかね。
城内へ地図
 門を抜けて、城内へ。城内へはひたすら階段。今日の気温はかなり高いので、上るだけでばてばて。
天守への道
 掛川城の天守は、小高い丘の真ん中に唐突に立っている感じ。木々がなくて木陰は無い。強烈に暑いわ。
城の前の川
 天守から屋敷の中を見学。喉が渇いたので、抹茶をいただいて休憩した後、昼になったのでお土産を見つつ昼飯を食べることに。
 しかし、夏休みなはずなのだけれど、それほど人は多くない。気温が暑すぎるのかね。
冷やし中華風そば
 食事は近くのそば屋にて。お勧めの冷やし中華風のそばをいただく。

 おなかがいっぱいになったあとは、山道を北上して、大井川を目指す。そこそこ大きいダムは、笹間川ダムがあるのでそこへ。

 ひたすら山道を登ったあと、横道からダム方面に入ったところ、別荘地のような場所はあるのだけれど、湖面やダムに向かう道は見つからず。どうも、観光用に整備されているところではなさそう。
 仕方ないので、作戦会議のあと、上流の長島ダムまで登ることに。
フォーレなかかわね茶茗館地図
 長島ダムの途中、道の駅で休憩。場所は、「フォーレなかかわね茶茗舘」なんだか、お茶をテーマとした休憩所らしい。
大井川
 道の駅の裏手には、大井川に出れる階段が。ここは結構人が来ていて、水着で遊んでいる子供とか。水深もそれほど深くないので、近くの人はここで遊ぶのも楽しいみたいだ。
長島ダム周辺地図
 さて、道の駅から長島ダムまではほんのすこし。ダムに着くと、周囲は資料館と大きな公園になってるようで、なかなか壮観。
 資料館を見学したら、ダムへの道があるようなので、ダムに向かうことに。
ダム下流
 ダムの下には橋が架かっていて、ダムの正面から放水状態を見ることができる。台風のときとか、どうなんだろう。近くまで行くと、結構水しぶきが当たる。
ダム正面
 ダムを下から見上げると、なんだか要塞のようだ。マニアがいるというのも良くわかる。
下流のキャンプ場
 下流にはキャンプ場もあるようだ。しかし、泊る人居るのかね。
ダムの上
 一通り下から見たあとは、資料館の駐車場に戻ってダムの上に行くことに。ダムの横には階段があって、徒歩でも上に上がることができるのだけれど、その散歩道を行くには30分くらいかかるそうな。一緒に行った仲間には歩いて行ったやつもいたけれど、われわれは車で。
 上から下流方面を見ると、もうそろそろ日も翳ってきた。
ダムの噴水
 ダム湖では、水質保全のため噴水が定期的に上がる。ちょうどその瞬間に立ち会えました。だけど、この広いダム湖で効果があるのかね。
ネギトロ丼
 さて、日も暮れたのでここから帰り。焼津や清水で魚を食べようという話だったのだけれど、店がやっている時間には通過できず、東京へ向かう高速のサービスエリアでご飯。ちょうど近くで花火大会をやっていたようで、花火を見ながらお土産を購入。その後、深夜に帰宅。
 車中心のたびで、ドライバーの人には感謝感謝だったのだけれど、なかなか充実した旅でした。



関連記事[横道 大井川 水しぶき

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [掛川]::タイトル一覧
  • 次の記事はありません。
  • 掛川城とダムめぐり
  • ::08/15 14:20:00
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - [グルメ]::タイトル一覧
前後の記事 - []::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP