農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

掛川の温泉へ

 さて、夏休み。みなの予定が合う日に温泉に行こうということで、掛川の温泉に旅行に行くことに。
 電車か車に便乗かというところだったのだけれど、結局車に乗せてもらうことに。朝がちと早い。
中井インター
 東京から厚木に向かい、高速に乗って第一の休憩所のインターチェンジで一休み。
 初日は温泉につくまでは各ルートのメンバーで別行動なので、どこで食事をするか、観光するかは自由だ。
 少し計画を話しながら。

御殿場高原ビール地図
 作戦会議の結果、第1の目的地は、御殿場高原ビール。ここのビールは、大きなビンで買っていくと、次に買うときにビンを持っていけば安くなるという仕組み。

 御殿場高原ビールの周辺は宿泊施設やちょっとした公園、おつまみ売り場、食堂なんかもあるので、ここを目的に来るのもよいかも。
 とりあえずわたしは缶ビールとおつまみ用のチーズ、ジャーキーなんかを買い込む。
国道1号地図
 御殿場からは、富士山の裾野を迂回しながら国道1号沿いへ。このあたりで昼になったので、何か海産物を食べようと清水方面に向かう。清水港の周辺には、海産物センターもあるからね。周りの「名産・桜海老」の看板に惹かれつつ。
清水港地図
 清水港について、海産物センターに入ると、中はすごい人。寿司や海鮮丼のお店もたくさんあるのだけれど、それ以上に待ってる人の数が多い。これじゃあしかたない。というわけで、少し海沿いを走りながら、食べ物屋を探すことに。
桜海老かき揚げそば
 清水港を回りこんで、三保の松原方面に抜けたところで、ちょっとさびしい感じの蕎麦屋で「桜海老のかき揚げ」の文字が見える。
 ちょうど良いくらいだったので、そこでみなで昼食を。桜海老のかき揚げそばやら、シラスの釜揚げやらでおなかを満たす。
掛川駅地図
 おなかがいっぱいになったあとは、また1号線に戻ってずっと西へ。午後には掛川駅に到着。
 ドライバーがここでカルタを注文していたそうなので、それを受け取りに。
 掛川駅、新幹線が止まるので、駅は広いけれど、駅前は結構寂れた感じ。夏で暑いからかね。
倉真温泉 真砂館地図
 ここから宿までは、まっすぐのいなか道を登ったあと、山沿いの道に入る。非常に判りやすいけれど、最後の宿に行く時には鉄板でできた橋を渡ることに。ちょっとどきどき。
 宿は「真砂館」、結構由緒のある旅館らしく、旅番組でも紹介されたようだ。
 ウェルカムドリンクに抹茶が出たり。

真砂館

真砂館
画像提供:じゃらん.net

☆2016年4月オープン新大浴場、2つの新貸切風呂☆全プラン2種の貸切風呂無料特典☆お風呂は全て加水無しの良質な天然硫黄泉100%☆地元の食材を使ったお食事をご堪能下さい
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:静岡県


 風呂は、半露天で、開放的。食事の前のまだ明るいうちに入れたけれど、ちょっと客室から見えるのでは無いかなあ。
夕食
 宿の周りには蓮園があって、かえるを見かけたり。部屋ではオリンピックを見ながら、ゆっくり。
 夕食は囲炉裏のような雰囲気の囲いに、お茶でする豚しゃぶ。豚しゃぶは、つけあわせでレタスの葉もしゃぶしゃぶして食べるそうな。珍しいね。
 そんな感じで、ゆっくりしつつ。



関連記事[三保 ウェルカムドリンク シラス

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [掛川]::タイトル一覧
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - [グルメ]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP