農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

浅間温泉周辺散策

朝食から
 「浅間温泉 椿の湯」にて。朝はゆっくりと朝食から。
 朝食後は、温泉の水で入れたコーヒーがサービスされる。コーヒーを飲んだり、朝の温泉に少しつかってから、チェックアウト。今日は松本市街を観光する予定なのだけれど、まだ早いので、浅間温泉の周辺をもう少し散策することに。
山道地図
 昨日散策した、御射神社から山側に入った道に、茶臼山城址があるということなので、それを見に。山道には人気も車もなく、やはりわたし一人という感じ。

空堀跡地図
 舗装された山道を歩いていると、ふと立て札が。そこには、茶臼山空掘跡というもじが。
 うーむ、まったく普通の谷にしか見えないのだけれど。
木村素衛歌碑地図
 大きな曲がり角に、松で囲まれた広場があって、その中に石碑が。ここ、来る人いるんかな。
茶臼山城址地図
 そこから少し登ったところに、茶臼山城址の立て札がある広場が。しかし、ただ平らなだけで、まったく面影はなし。その広場も、柵がしてあって入ることはできない。なんだかなあ。
下山路地図
 何も無いことがわかったので、少し登ったところにあったわき道から下山。畑や治水施設があるようだけれど、やっぱり誰も居ない。
原橋地図
 浅間温泉の中心街に戻るまでに、少し川沿いを散策。この川は女鳥羽川というらしい。
水汲橋地図
 川の横には2本の道があって、その間には畑がある。のどかな場所。
赤沢氏館跡地図
 バスターミナルまでの道の間に、保育園や学校があったのだけれど、そこに赤沢氏の館跡という立て札が。ここが茶臼山と関連のある赤沢氏の館らしい。
バスターミナル地図
 そんな感じで、山沿いをぐるりと。観光協会では何も無いところといわれたけど、まあ散策はできたかな。このあとは、いよいよ松本市街を目指そう。



関連記事[立て札 わき道 茶臼山

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - []::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP