農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

東北旅行2日目-白石から車で

にごり湯の宿 湯守 木村屋

にごり湯の宿 湯守 木村屋
画像提供:じゃらん.net

【元禄元年創業 鎌先温泉の老舗宿】本流温泉源泉を2本所有!源泉100%にごり湯の展望露天風呂,天狗岩風呂、河童風呂更に貸切露天風呂。7月から展望大浴場も加水、循環ですが源泉が入り全ての浴室が温泉。
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:宮城県


にごり湯の宿 湯守 木村屋」で宿泊。朝食をとった後、車で来てくれた友達の車に分乗して、宿から山側に観光することに。
蔵王きつね村地図
 まずは鎌先温泉からそれほど離れていないところにある「蔵王きつね村」へ。
 道を走っていると、何箇所かに看板が見える。駐車場に入ると、入り口は結構せまめ。どんな感じなのかな。
きつねたち
 中は大きく2箇所に分かれていて、子狐を含めた小動物の檻がある部分と、きつねの放し飼いエリア。放し飼いされているエリアは結構広い上、何種類かのきつねが混在してかわれているよう。このエリアのきつねたちはなかなか触ることができない。
 檻のエリアは自由に入って触ることができるのでなかなか。ウサギを抱いたり、子狐をなでたり、ヤギと戯れたり。なかなか楽しげ。
 ちなみに、ここの子狐が、映画「こぎつねヘレン」の撮影に使われたそうな。

銀ぎつね
 放し飼いで野生に近いとはいえ、これくらい近くで見れる。なかなかすごい。
長老湖地図
 思った以上に楽しめたきつね村をあとに、近くの湖、長老湖に行くことに。
 そばまでは車で行けるので、駐車場で車を降りると、そこそこな人が湖畔に。
 売店もあったので、そこで飲み物を補給しつつ、そばにあるらしいつり橋まで歩くことに。
途中の道
 つり橋までの道は、階段になっているとはいえ結構な山道。本日も34℃を超える気温の中、この山道はかなり厳しい。
つり橋
 つり橋は、結構開けた場所にある。つり橋から下を見ると、川の上流がプールのようになっていて、結構泳ぎに来ている人が居る模様。
 つりばしをわたりきると、すぐそばに駐車場のある形跡が。そうか、あまり長老湖から歩いてくる人は居ないのかもしれない。
タンタンメン
 そろそろ昼を過ぎたので、七ヶ宿湖の道の駅ビューランドありやにて食事を。メニューは白石だけあってうーめんもあったのだけれど、特製のありやタンタンメンをいだたく。
 この周辺で取れる野菜が入っているのかも知れぬ。
七ヶ宿湖地図
 食事後、休憩がてら湖が見渡せる公園部分へ。しかし、なかなか広い湖だ。ただ、非常に暑いので、ちょっと見ただけでぐったり。
七ヶ宿ダム地図
 しかし、ダムマニアはダムも見なければならぬと、道の駅から少しの場所にある七ヶ宿宿へ。ちょうど噴水も上がっている時間だったので、合わせてちら見。
材木岩地図
 七ヶ宿ダムのそばには、岩が材木のように割れているという材木岩が見られる場所があるということなので、今度はそちらを目指すことに。
 材木岩周辺は、親水公園やら、お土産ややら観光地になっていて結構な人がおとずれてました。
 しかし材木岩、結構な量崩れていたのだけれど、崩れやすいんじゃないだろうか。
萬蔵神社地図
 さて、観光地は一通り周ったということで、次の宿泊地の仙台市内に向かうというところで、途中に友達が寄ってきた神社があるということでそちらにいくことに。
 場所は「萬蔵神社」普通の山道の途中にある割に、かなりの数の鳥居が。
萬蔵神社本殿
 たくさんの鳥居をくぐると、こぎれいな広場に本殿が。小さな社をイメージしていたのだけれど、結構広い感じ。裏には馬が飼われていて、何でかなと思ってあとで調べたのだけれど、何でも峠を馬で荷揚げをしていた萬蔵さんが開いた神社だということらしい。

 そんな感じでぐるりと福島側まで一周。あとは少し頭がさまよいながら4号線をまっすぐ北上して仙台へ。まあ、まっすぐというか迷走気味だったけれどね。



関連記事[荷揚げ タンタンメン つりばし

該当無し
前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [白石・蔵王]::タイトル一覧
前後の記事 - [神社・お寺]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP