農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

水戸まで逃避行動

 お盆休みも終わり、甥っ子姪っ子が止まりに来ているのだけれど、ずっと相手をするのは疲れた。そういえば、東京から他の県には出ていないなと、午後から出かけることにする。
 場所の候補をいくつか考えたけれど、常磐線で一気に行ける水戸に。宿を取ってその足で出発。
土浦駅ホーム地図
 一気に行けるとは言っても、上野から水戸まで直通の各駅停車は本数があるわけではなく、土浦駅で乗換え。土浦はこのあたりで一番開けた駅できれいだけれど、人影はほとんどなく。暑いからね。

水戸の駅前
 土浦から水戸まで行く途中は、ローカル線のたびのような感じになる。常磐線は土浦からだんだんと田舎の風景になるけれど、水戸に近づくとまた都会的な雰囲気になる。
 さすがに県庁所在地だけあって、水戸駅はかなり都会。ただ、偕楽園に続く川のあたりはきれいに整備されている感じで、この周りだけはちょっと違う雰囲気。宿は「水戸プリンスホテル」駅前のビジネスホテルだわね。


夕暮れ地図
 チェックイン後、この宿はLANが使えるので、持ってきたノートPCでネットをしながら落ち着いていると、もう外は暗い感じ。夕食は何か名物が良いかなと思ったけれど、納豆を食うのもあれなので、魚にするか。


寿司屋
 駅ビルにはいろいろな店が入っていたのだけれど、その中からすしをチョイス。

駅ビルの夜景
 駅から出ると夜景はきれいなんだが、この携帯ではこれが限界。明日の朝は少し観光するかね。



関連記事[偕楽園 人影 すし

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [水戸・笠間]::タイトル一覧
前後の記事 - [鉄道]::タイトル一覧

水戸周辺の宿

  1. ホテル ステノ
  2. ホテルテラスザガーデン水戸
  3. ホテルルートイン水戸県庁前
  4. 水戸プリンスホテル
  5. 水戸ハイアットホテル
もっと検索... (るるぶトラベル)

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP