農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»

浅草名所七福神

 さて、新年も3日。街は通常営業が始まっているのに家でうだうだしているのもアレなので、初詣も兼ねて浅草に行くことに。
 うちから浅草までは、東武電車ですぐの距離。
浅草松屋地図
 3日の松屋は、買い物のお客、初詣のお客であふれているようで。東武線ホームは、先頭の方は良いんだけど、後ろの方の車両に乗るとホームが狭かったりホームと車両の間が空いていたりするので注意しつつ。
神谷バー地図
 浅草駅から大通り方面に歩き、角にあるのが神谷バー。知る人ぞ知る「電気ブラン」が有名なお店ですわね。わたしは行ったことは無いんだけど、なぜか「電気ブラン」は飲んだことがあったりして。

» 続きを読む


谷中-鶯谷

 来週末には海外への旅行が決まっているのです。朝早いので、念のため京成スカイライナーの切符を買いに、日暮里駅へ。
 日暮里で降りることはめったに無いので、このあたりを散策してみることに。
谷中霊園入り口から地図
 日暮里駅からでて、山側に歩くと細い道がありまして、そこが谷中霊園の入り口になります。結構整然とした霊園ですが、どうも有名人のお墓や、江戸時代からのお墓、徳川将軍家にゆかりの人のお墓など、ちょっと気後れするくらいの霊園です。

» 続きを読む


仲御徒町-秋葉原裏通りへ

今回購入した904SHにはGPS機能がついていて、計測したGPS情報を画像に埋め込むことができます。
 これまでこのブログでは、緯度・経度情報をGoogle Mapsで調べて画像の横に表示していたのですが、NucleusのプラグインにはこのGPS情報を元に地図を表示するものもあるのです。
 今回は904SHのGPS情報の精度確認とあわせて、いつも歩く秋葉の裏通り方面を紹介したいと思います。

仲御徒町駅地図
 まずはスタート地点の仲御徒町駅から。
 ここでの精度情報は2。最大が3なので、多少誤差があるようです。

» 続きを読む

都電の旅

 うちから池袋へはルートが微妙になるのです。行きは、少し離れたバス停から池袋行きのバスに乗ったのだけど、帰りは少し遠回りして都電で帰ることに。

 実はサンシャインのそばには、東京メトロ有楽町線と都電の駅「東池袋四丁目」地図があって、便が良いのです。とはいえ、この駅に着くまでまた迷ってしまったり。
最後尾の運転席
 駅に着いたら、すぐに電車が到着。そこそこ人が乗っているようで、早速最後尾へ。運賃は160円なり。
 都電の作りは、バスに近い。運転席は、前と後ろの両方にあるので、最後尾に行くと誰も居ない運転席が見えます。扉のような仕切りが無いのも、バスみたいです。
運転席サイド
 運転席の横には、小型の扇風機が。この写真を撮った立ち位置の真上にはベルがついていて、都電が発車するときに「チン、チーン」と2回なります。これが「チンチン電車」の由来だったり。
三ノ輪橋行き早稲田行き地図
 そんなこんなで数分。下車駅の王子駅につきました。
 昔都電の線路は車道にあって、車と平行して運行していましたが、現在はこの王子駅から飛鳥山駅間だけになってしまったようです。さびしいけど、安全運行上はそちらの方が良いのかな。

 都電の旅のお土産には、「都電の街地ビール」や「都電の街地酒」があるらしい。ちょうど父の日だったのでそれを購入しようと、駅のそばをうろうろしたのだけれど、販売店を発見することができず。唯一見つけた酒屋さんも、日曜日は休みのようだったし。今度また機会があれば見つけてみたいところ。

東池袋中央公園

かすむサンシャイン
  サンシャインの横にはきれいな公園があります。木があって、人工の池と滝があって。

 サンシャインシティから東池袋中央公園側の階段を下りると林が見えます。その林の中には、自然石で作られた碑があります。
平和の碑地図
 恒久の平和を願うと書かれた碑。これは、かつてこの碑のあたりで、戦犯者たちに刑が執行されたあとであることを示しています。
 これは、そもそも昔、サンシャインシティ一帯は「巣鴨プリズン」であったころを残す遺跡と言えるかもね。その「巣鴨プリズン」と呼ばれた「東京拘置所」は現在小菅に移動して、今に至ります。

 この碑には、線香を供えるところや、花を生けるところもあります。今日も、誰かがお参りに来たようなあとがありました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»

↑ PAGE TOP