農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

浅間温泉へ

新宿駅発
 平日の休み。前から計画していた浅間温泉へ。
 新宿を昼に出る電車を予約したので、それで2時間半ほどで松本に向かう。
新宿弁当
 昼食がまだだったので、中央線限定の新宿弁当をいただく。このお弁当は、中央本線沿いの名物がいろいろ入っているそうな。
 早速食事を終えて、しばし休息。

松本駅
 長野の中心となる駅は、長野駅と松本駅。長野駅のほうには新幹線が走っているのだけれど、松本へは特急のみ。駅舎はそこそこ大きく、観光協会も入っていて、外人さんの姿もちらほら。観光地図だけ手に入れて、浅間温泉に向かう。
松本バスターミナル
 浅間温泉まではバスで20分ほど。駅からはちょっと離れた場所なので、少しだけ戸惑う。
 イトーヨーカ堂系のビルの地下でチケットを買って、バス乗り場へ。しかし、温泉行きのバスに乗ったのはわたしを含めて2人。どうなんだろう。
浅間温泉バスターミナル地図
 松本の市街地を抜け、信州大学を経由して少し行ったところが浅間温泉。正直、普通の住宅街とあまり変わらない感じ。ここだったら、信州大学に通う学生の下宿地としてもいいんじゃないかな。というか、人がぜんぜん居ない感じなのだが。
浅間温泉文化センター地図
 さて、バスターミナルの周りを歩くと、観光協会はこちらという看板が。じゃあ、観光協会で周辺の観光地を教えてもらおうと、看板に沿って道を。
 少し歩くと、消防署があって、その横に観光協会の看板が。入り口から入ってみると、どうも普通の文化センターにしか見えない。入り口の係員の人に、
「このへんで、観光できるとこありますか?」
 と聞いてみると、
「そういうのは特に無いんですよ。」
 とのこと。ここは観光協会じゃないのか?
 まあいいやと、おいてあった地図だけもらって町をぶらぶらすることに。
神宮寺地図
 観光協会から北、山道に近いところに神宮寺というお寺があるようなので、そちらへ。そこには、与謝野晶子の碑やら有名人の碑があるそうなのだけれど。
 とりあえずそれらしい道を上がると、立派な門と花が見えたので、ちょっと安堵。確かに、入り口周辺に碑はあるのだけれど、普通にお墓がメインのお寺のようだ。
庭
 それでも、本堂の広間には砂の庭が。由緒正しそうだけれど、墓参りのおばちゃん以外には誰も居ないようだ。
枇杷の湯地図
 浅間温泉の外湯で一番有名なのがこの枇杷の湯。神宮寺に行く道分かれ道の前の大通りを西に行ったところに大きな駐車場と立派な門がある。松本城築城の当主石川数正が開湯して以来歴代松本藩主の御殿湯として利用された、由緒ある湯らしい。温泉は宿で入ろうと思って、今回は見るだけで。
椿の湯地図
 大回りをしている間に、宿へのチェックイン時間が近づいてきたので、まずは宿へ行って荷物を置いてくることに。今日の宿は「浅間温泉 椿の湯」今日の宿泊客はわたし一人らしい。
 裏手に国際ホテルがあるのだけれど、このご時勢でつぶれてしまってちょっと通りがさびしいそうな。松本駅から近いので、出張とかに使えるビジネスマンも多そうなんだけどね。
恵比須神社地図
 宿から東側の通りには、不動の滝や恵比須神社というものがあるらしいので、その通りを少し散策。途中、墓地に入ってしまって迷いつつ、何とか恵比須神社へ。入り口に車はあるのだけれど、人の気配はなし。お賽銭を入れてお参りだけ。
不動の滝
 横の階段を上がったところに不動尊があって、滝はどこだと思っていたら、すぐ下の川のような水路が切れたところに滝が。これが不動の滝か。うーむ。
薬師堂地図
 一旦元の通りに戻って、北の遊歩道を目指すと、だんだんと道に勾配が付いてきて、山を登っているような感じに。ちょっと山道になったかなと思ったところに薬師堂が。温泉地には付き物ということで、ここでもちょっとお参り。
遊歩道
 薬師堂の裏手に入ると、普通に山道になってそこからは遊歩道になる。この先には、天満宮と松本城主小笠原氏の墓地があるそうなのだけれど、一人だとちょっとさびしい感じに。
天満宮の鳥居地図
 人もあまり来ないような場所に、いきなり赤い鳥居が見えて、天満宮への道が見える。というか、結構急な階段なんだが。
 天満宮自体は質素な建物。管理する小屋とかそういうのも無い感じ。山の中の祠という感じだね。
つり橋
 もはや普通の山道になってしまったエリアを歩いていると、下のほうになにか真新しいつり橋が。別に川が流れているわけでもなく、ただ単に谷にかかったつり橋。何のためのもんなんだろう。
小笠原氏墓所
 さびしい山道も終わり、少し開けたところに石垣が見える。立て札を見てみると、どうやらここが小笠原氏の墓所らしい。石垣は、昔たっていた館の跡らしいのだけれど、良くわからない。墓所のそばには少し新しいお墓に花が供えてあったり。子孫とか、そういう人の物かな。
御射神社地図
 墓所を過ぎるとすぐにハイキングルートが終わって通常の道になる。道なりに歩くと、赤い鳥居の大き目の神社、御射神社に到着。結構大きいところを見ると、何かいわれがあるのかもね。
温泉会館地図
 一通りハイキングルートを歩いたので、町の中心部に戻って、温泉会館をのぞく。ここも入浴可能な施設らしい。時期によっては朝市もやるそうな。
 この温泉会館の前には、飲泉所もあり、温泉が飲める。飲んでみたけれど、あまり味はしないかな。
メインストリート
 そろそろ宿の夕食の時間が近づいていたので、夜に飲むお酒を調達しようかとお土産やさんへ。しかし、このあたりのお店ではお酒は扱っていないらしい。温泉入り口のコンビにで買ってくださいと。なんつーか、仕方ないのかな。
仙気の湯地図
 コンビニでお酒を調達しつつ、メインストリートを東へ。途中にも仙気の湯という外湯がある。この町は、温泉街だけれど、どこかの帰りに立ち寄るという感じでもよいかもね。
夕食
 宿に戻って一風呂浴びたところで、お待ちかねの夕食。夕食は、焼き物、煮物、てんぷらとなかなか豪華なもの。
 たらの目のてんぷらがうまいね。
 そんな感じで、夕食を終えて、晩酌をしつつ。



関連記事[立て札 枇杷 つり橋

前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [温泉]::タイトル一覧
前後の記事 - [神社・お寺]::タイトル一覧
前後の記事 - [鉄道]::タイトル一覧


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP