農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

名古屋漫遊 - 初日・熱田と名古屋港

 お盆休みが始まりました。仲間が「愛・地球博」に行くというので、それに便乗しつつ。計画が上がったのがお盆の1ヶ月前を切っていたので、パビリオンの予約も無い状態で、宿はカプセル。まあでも何とでもなるわね。早速行ってみますか。

のぞみでGO!いってきまーす!

 さて、名古屋について初日は名古屋観光でも。観光にはプリペイドカードの「ユリカ」2200を購入。このカードで、地下鉄,バス,名鉄に乗れるそうな。東京のパスネットは2000円だと2000円しか乗れないのに、ユリカは200円お得なのはいいね。

森の中地図
 早速、名鉄に乗って熱田神宮へ。熱田神宮の宝物殿見学には300円かかるのだけど、「愛・地球博」のチケットを見せると割引になるらしい。

名古屋はまだ午前中だというのにかなり暑い。歩くだけでも疲れる感じだけど、まずは昼飯を食べることに。
 熱田で食事といえば「ひつまぶし」。それも、江戸時代からの老舗があるのです。

 名古屋のガイドブックには必ずこのお店が載るほどの人気店らしい。
 熱田神宮の南門すぐのお店地図につくと、開店前だというのに1時間待ちとか。観光地のそばはしょうがないかと思って近くの本店地図に向かうと、そちらでも1時間待ちだそうで、店のそばの駐車場を覗いてみると県外ナンバーが多いのがその人気を物語ってるわ。
 とりあえず本店の中のカウンターで、人数と名前を告げると30分くらいあとに名前を呼ぶとのこと。

薬味とお吸い物、だし器にもります。 暑い中、じっくりと待って、通された涼しい店内で「ひつまぶし」2,415円を注文。

 メニューには「ひつまぶし」の食べ方が書いてあるので、それを読みつつ食べてみます。
 おひつに入ってきた「ひつまぶし」に、ついてきたしゃもじで十字に切れ目を入れ、1/4を器に盛る。
 1杯目はそのまま食べる。少し硬めに焼かれたうなぎの皮とやわらかい身の部分を味わいつつ。「ひつまぶし」は細かくうなぎが切ってあるので、少しご飯と混ぜながら食べるのが良いのかもしれない。
 2杯目は、ついてきた薬味「ねぎ,わさび,のり」を上に乗せてぱくりと。ふーむ、少し脂っこい濃い目のうなぎの味に、薬味のさわやかな風味が合わさってくる。しつこさに対応するための食べ方かもね。
 3杯目はだし汁をかけて。
 ここで私、少し失敗したかも知れぬ。これ、「4杯目は好きな食べ方で」と書いてあるので、だし汁をケチって少なめにしたのだけど、それだと脂っこさが少し強くていまいちな感じでした。
 そんなわけで、4杯目は薬味を入れて、完食。思った以上に量がある感じで満足して参りました。

 しかし、かなり混むお店なので、開店直後を狙って行くと言うのはいいかもしれない。ただ、車は避けた方が良いと思う。駐車場に入れてから店内で名前と人数を伝えたら、かなり待つことになりそうだし、名前を呼ばれた時に駐車場に入れなかったら食べられない人も出そうだしね。


 熱田神宮に戻って宝物館を見学した後、名鉄の駅から反対側にある地下鉄の駅から「名古屋港」へ。名古屋港周辺はガーデンふ頭臨港緑園になっていて、結構な観光スポットらしい。港は暑いだろうけど、水のそばなら涼しいかもだしね。

名古屋港1周30分地図
 名古屋港に着いたら、とりあえず遊覧船に。名古屋港を一気に見て回るならそれが一番でしょう。
 遊覧船は1000円のところ、「愛・地球博」のチケットを見せると800円で利用可能。結構な速さでぐるーりと1周。名古屋港の上を渡る大きな橋をしたから見れたりと、結構な感じで。ただ、名古屋港は工業中心の港かもね。水はオイルくさいし、周りには工場やスクラップ置き場が立ち並んで居たり。


入場券運転台から 岸に戻ってきたら、南極観測船「ふじ」を見学に。地図ふじは南極観測船としては古くて小さい船なのだけど、中の展示物や船の構造は結構楽しめるかんじで。人もあまり居ないし、涼を取るにはちょうどいいかも。



 見学はそんなところで終わらせて、宿にチェックインしつつ夕食を兼ねた飲み会へ。

伍味酉 本店

伍味酉 本店
画像提供:HotPepper

名古屋めし 歓送迎会 同窓会 宴会 個室
»クーポン・地図(HotPepper)
栄ミナミ・伏見ミナミ・大須(栄・伏見ミナミ)
最寄駅:栄
地下鉄東山線栄駅 8番出口 徒歩3分/地下鉄名城線栄駅 8番口 徒歩3分/地下鉄名城線矢場町駅 6番出口 徒歩5分


名古屋名物?地図

いくつか候補が有る中、宿から近くて10%引きのクーポンがあることからそちらへ。名古屋コーチンを使った鳥料理やら、味噌串カツ,ドテ煮などを堪能。当初名古屋の料理は「何でも味噌をつかうジャンクフードに近い感じ」というイメージをもっていたのだけど、ドテ煮うまいや。甘めの味噌で煮込まれた牛すじがとろとろで。コラーゲンたっぷりで、日焼けした肌にもよさそうだし。

 そんな味を楽しんでサウナ&カプセルフジへ。地図カプセルといっても、巨大なお風呂やマッサージルームなどもある健康ランドにイメージが近いところなので、こういう「漢の小旅行」のような旅にはお勧めだと思う。特筆すべきは大浴場のなかにある温水プールだね。風呂なので下着を着けずにする平泳ぎのなんと解放的なことか。
 そんな感じで、明日の計画を練りつつ。



関連記事[しゃもじ パビリオン 平泳ぎ

該当無し
前後の記事 - [国内旅行]::タイトル一覧
前後の記事 - [神社・お寺]::タイトル一覧
前後の記事 - [鉄道]::タイトル一覧
前後の記事 - [遊覧船]::タイトル一覧

熱田・金山・千種周辺の宿

  1. サイプレスガーデンホテル
  2. 魚鍵旅館
  3. メルパルクNAGOYA
  4. ビジネスホテルなかやま
  5. 全日空ホテルズホテルグランコート名古屋
もっと検索... (るるぶトラベル)

コメント


すごくいいと思います。
07/06/23 16:54:28


コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP