農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

体感型動物園iZoo【イズー】で爬虫類を見る

iZoo入り口地図
 前日は伊東温泉を満喫し、次の日にどこに行くかを話し合ったところ、子供が多いので動物園に行くことに。
 このあたりの動物園といえば、「日本初!体感型動物園iZoo【イズー】 | トップページ」がある。
 この動物園は、爬虫類中心の動物園で、屋内に放し飼いになっているゾウガメに触れたり、えさをあげたりもできるそうだ。

» 続きを読む


東京都美術館から上野大仏へ

 連休。独り身には特に家族サービスということもなく。陽気もいいので、上野に向かうことに。
東京都美術館地図
 上野は、国立博物館や西洋美術館もあるけれど、その横をスルーして東京都美術館へ。この裏の奏楽堂ではむかし、コンサートをやったなと思いつつ。

» 続きを読む


秋葉から皇居まで

 さて、ちょっとダイエットも始めたので、少し歩こうかなと皇居方面に向かうことを思い立つ。そういえば、去年もらった東京大神宮のお守りも返さねばならんし、昨日の24時間テレビのゴールがどうなってるかも興味があるし、そのあたりも周って見るか。
駿河台下交差点地図
 秋葉の駅で降りて、そのまま靖国通りを歩く。神保町のあたりまで来るまでに、通り沿いに結構な数のらーめん・つけ麺の店を見かけた。学生のころはあまり無かったような気がする。むしろ、カレー屋の方が多かった気が。

» 続きを読む

国立西洋美術館のギリシャ展へ

国立西洋美術館地図

 今日はギリシャ展をやっている国立西洋美術館へ。お盆過ぎたので、空いてるだろうか。
先日の古代オリエント博物館では、インドの絵画の展示があった。ヒンズー教は、土着宗教の神様を敵にしないで取り込むところは神道に近いかもしれない。
ヒンズー教の中心はシバとビシュヌとその眷属の神話で、仏陀さえビシュヌの化身とか。キリスト教やイスラム教では、他の宗教の神様は悪魔として取り込んでるところがちょっと違う。
 そういや、ギリシャはキリスト教圏だけど、オリンポスの神々はどんな扱いなんだっけ?宗教ではないんかな。

 行きの電車の中ではそんなことを考えてつつ、古代ギリシャ展を見た。さすが国立西洋美術館。さすが大英博物館。大理石の石像が人の肌に見える美しさ。常設展のモネもよかった。
 中の説明にも書かれていたけれど、キリスト教の普及にともない、神々の偶像と見なされた大理石の石像は破壊されたものもあるんだと。ブロンズ像は溶かして武器に。
 その中でも興味を引かれたのは当時の風俗。紀元前の時代も、酒飲んで騒ぐのはいまとそう変わらないという。そんな日曜品や嗜好品としてのツボや彫刻が美術品として発掘される事実。
現在の電子化されたデータや紙は1000年残ると思えないけど、レジンなんかのフィギュアは1000年残りそうだね。あと、土器ではなくてペットボトルと空き缶。

 展示されていた大理石の石像は、表面が劣化してこまかな彫刻は削れてしまっているけれど、人の肌の部分は逆にすべらかになったのかも。そういう点では、時間が完成度を高める例とも言えるのかもね。

サンシャインシティと古代オリエント博物館

サンシャインシティの混雑地図
 休みに家で腐っているのもあれなので、池袋までお出かけしにきた。
 目当ては、古代オリエント博物館。あっちの方に旅行したいなと思っていても、近場に博物館があるなら、そっちをのぞこうかなと。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

↑ PAGE TOP