農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»

東京大仏 乗蓮寺

 GWの中日、母親が墓参りに行きたいということで、付き合いで。場所は東京大仏・乗蓮寺
"応永年間(1394年-1427年)に了賢無的が山中村(現在の板橋区仲町)にて人々に教えを伝えるために創建したと伝えられている。その後、江戸時代の初期のころまでに板橋区仲宿に移転した。当時は孤雲山慶学院乗蓮寺と称していた。後に慶学山乗蓮寺になった。当寺院は、郷主・板橋信濃守忠康の菩提寺になるなど人々から信仰を得ていた。天正19年(1591年)に徳川家康から十石の朱印地が寄進され、その後も歴代の将軍から朱印地が与えられ格式ある寺院となった。また八代将軍・徳川吉宗の鷹狩の際の休憩所・お膳所としても使われた。その後も長く仲宿の地にあったが首都高速道路の建設と国道17号の拡幅により、昭和48年(1973年)に現在の赤塚の地(赤塚城二の丸跡)に移転した。山号も赤塚山と称した。そして1977年(昭和52年)、かつて東京を襲った関東大震災や東京大空襲など、悲惨な震災や戦災が再び起きないよう願いを込め当寺院の代名詞にもなっている東京大仏が建立された。"
乗蓮寺 - Wikipedia
乗蓮寺入口地図
 乗蓮寺の正門は急な階段を上る。正門下には閻魔堂があって、閻魔と十王の像が祭られている。じつは正面の道を過ぎて横にまわると、少し長い坂があって、そちらのほうが上りやすい。このあたり、赤塚城の名残なのか。
» 続きを読む


桜島の灰で曇る高速船乗り場

高速船乗り場の窓ガラス地図
 宿泊した鹿児島のホテルにて朝、桜島が中規模噴火したというニュースが。もう今年に入って百何十回目ということなので、特に大ニュースにはなっていないけれど、東京在住の身には驚くニュース。
 鹿児島中央駅から高速船乗り場まではバスで。ドルフィンポート行が近いけれど、水族館行でもだいたい近くまで行ける。
 高速船は種子島経由屋久島行なので、屋久島に行く観光客でごった返している。早目にチケットは予約したので、特に混乱することもなく。

 高速船乗り場のガラスに目をやると、砂だかでかなり汚れている。ガラスの向こうには、雲を被った桜島。海岸があるわけではないので、砂なわけがない。ここまでの通りも、砂ぼこりのようだったけれど、あれもすべて桜島の灰なのだね。雲に見えるあれも、噴煙なのだろうか。



雨の鹿児島中央駅

雨の鹿児島中央駅地図
 雨にぬれる観覧車のネオンも物悲しい。


男の休日 大師の湯

 さて、男の休日ということで、近くの大師の湯へ。
温泉・施設案内 | THE SPA 西新井
 大師の湯のあった場所は、昔の東京紡績西新井工場の一角。入口のパサージオのあたりからアリオ西新井のあたりまでが工場だったから、相当広かったんだろう。そんな場所を掘って、温泉をくみ上げているのだからすごいわ。
 広さはそこそこ。男湯は温泉湯船1つ、露店風呂1つ、寝風呂3人分、泡とかジェット風呂4人分。サウナが広めというくらい。
 休憩所は休日はまずは入れないので、床暖房付の怪しげなサンゴオンドルに入るか、ロビーの椅子をとるか。マッサージは充実しているので、そちらで時間をつぶすのもいい。
 食事処はあるけれど、若干高めなので、帰りは近くのパサージオの4Fで中華をいただいている。
ぐるなび - 酔香園 西新井店(西新井/北京料理)
小皿料理地図
 このお店はまあ夕方は混雑することはない。小皿2品とアルコール1杯のセットが980円なので、これに料理を一品追加して腹いっぱい。今回は、蒸し鶏とピータン豆腐、マーボナスをチョイス。ゆったりとした休日を楽しんだ。

奄美大島のハイビスカス

奄美大島のハイビスカス
 6月に入って、東京はまだそれほど暑くないというのに、奄美大島の日差しはもう夏真っ盛り。グリーンカーテンを見ると、ゴーヤが鈴なりになっていたり。東京とは違うなと。
 夏らしくハイビスカスが咲いているのをとってはみたけど、2月に種子島に行ったときにも咲いているのを見たのだよね。一年間いつでも花が咲くのか、これ。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»

↑ PAGE TOP