農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»

桜島の灰で曇る高速船乗り場

高速船乗り場の窓ガラス地図
 宿泊した鹿児島のホテルにて朝、桜島が中規模噴火したというニュースが。もう今年に入って百何十回目ということなので、特に大ニュースにはなっていないけれど、東京在住の身には驚くニュース。
 鹿児島中央駅から高速船乗り場まではバスで。ドルフィンポート行が近いけれど、水族館行でもだいたい近くまで行ける。
 高速船は種子島経由屋久島行なので、屋久島に行く観光客でごった返している。早目にチケットは予約したので、特に混乱することもなく。

 高速船乗り場のガラスに目をやると、砂だかでかなり汚れている。ガラスの向こうには、雲を被った桜島。海岸があるわけではないので、砂なわけがない。ここまでの通りも、砂ぼこりのようだったけれど、あれもすべて桜島の灰なのだね。雲に見えるあれも、噴煙なのだろうか。



雨の鹿児島中央駅

雨の鹿児島中央駅地図
 雨にぬれる観覧車のネオンも物悲しい。



秋保温泉の磊々峡(らいらいきょう)

 秋保温泉に滞在することになったので、周辺の観光を探す。
 すると、秋保温泉のど真ん中に渓谷があるとのことが。というか、横を流れてる川がそうなのか。
"両岸の秋保石を浸食しながら流れる水が、急流となったり深い淵となったり、変化に富んだ峡谷の風景を楽しめる。磊々峡の名は、1931年(昭和6年)夏目漱石の門人でドイツ文学者の小宮豊隆が名付けた。覗橋の上下約1km。 秋保温泉入り口の交差点(覗橋)から下流に650mの散歩道が整備されている。散歩道を歩くと奇面巌(きめんいわ)、八間巌(はちけんいわ)、時雨滝(しぐれたき)、天斧岩(てんおのいわ)など、見れば思わず納得してしまう名前が付けられた岩場や滝があり、それらを探して歩くのも楽しみの一つ。散歩道の中ほどにはベンチや東屋もある。雨上がりなどには足元が滑りやすくなり危険ではあるが、水量が増して流れが激しい、雄々しい磊々峡を楽しむこともできる。 遊歩道に入るには、秋保・里センターに車をとめ、川沿いの散歩道から秋保温泉入り口の交差点にかかる「のぞき橋」脇のから入るのが便利。"
磊々峡 - Wikipedia

秋保の里センター地図
 さっそく、秋保の里センターに行ってみる。秋保の里センターは、仙台駅からバスで50分程度。有名なおはぎのさいちもここからすぐ。
 正面はビジターセンターになっていて、入ると秋保の観光案内の展示がある。カルチャーセンターと軽食のレストラン併設。といっても、あんまり遅い時間まではやってないけど。
 この里センターの裏手に回ると、川沿いを歩くことができる。その道を通って、のぞき橋へ。
» 続きを読む

秋保温泉のニュー水戸屋に宿泊

 秋保温泉は、仙台からもほど近く、歴史のある温泉。
"秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉。仙台都心からも近いため、宿泊のみならず、日帰り入浴にも利用されている。同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯に数えられる。また古くは「名取の御湯」と呼ばれ、兵庫県の有馬温泉や愛媛県の道後温泉と並んで「日本三名湯」の1つに数えられた。"
秋保温泉 - Wikipedia

 仙台駅からは秋保温泉行のバスが出ていて、それに乗れば50分ほど。バス代は1000円程度。今回は「ニュー水戸屋」に宿泊。


 普通に高級旅館。こういう高級旅館でも、最近はビジネスユース向けの安いプランがある。夕食なし、洋間シングルで7000円台。それでも、朝食バイキングあり、温泉入り放題、館内施設の利用制限なしだから、かなりいい。
» 続きを読む

スパリゾートハワイアンズと雨情の宿 新つたに宿泊

 毎年仲間と行っている年末の旅行。そろそろ仲間も子供連れが多くなってきたので、遊べるところに行く傾向が。
 今年は、スパリゾートハワイアンズ地図
を中心に、近くの温泉宿「新つた」に泊まることになった。
スパリゾートハワイアンズ公式ホームページ
 まずはハワイアンズ。入口で待ち合わせて、先に来ていた仲間からチケットを受け取った。ショーの予約席を確保してくれたようで、ハワイアンズの中ではその予約席が遊ぶ時の拠点になる。
 ハワイアンズは、基本プールのエリアと、水着で入る温泉のエリア、水着なしの温泉のエリアの3か所。ほとんどは屋内だけれど、屋外もあり。この時期の屋外は強烈に寒いので覚悟すること。それでもお客さんは結構外のエリアにもいるけど。
» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»

↑ PAGE TOP