農場主の漫遊記

各地をさまよい歩いた、旅行と観光の記録

«Prev || 1 | 2 || Next»

秋保温泉 清流閣にて

 また秋保温泉に来る機会に恵まれた。
 秋保温泉は、仙台からほど近いところにある温泉地。電車を使うならJR愛子(あやし)駅からタクシーが良いのだけれど、時間があるなら仙台駅前からバスを使ったほうが安い。
 前回は「ホテルニュー水戸屋」に泊まったのだけれど、ビジネスプランが値上げされてしまったので、今回は「清流閣」に。


 清流閣へは、仙台駅前のバス停から秋保温泉行に乗って、「磊々峡(らいらいきょう)」バス停下車。そこから徒歩3分とのこと。
 夕方遅くにバス停に降りて、事前に調べておいた経路をたどって宿を探すけれど見つからない。
ホテル華乃湯入口地図
 ホテル華乃湯と隣接ということだったので、ホテル華乃湯の入り口に行ってみると、隣に「清流閣」と書かれた看板がある建物があった。
 裏手に回って入口らしき場所に行ってみると、電気が消えている。閉店か?と思ったら、以下の張り紙が。
「本日清流閣へのお客様はホテル華乃湯の受付におまわりください。」
 なるほど。
» 続きを読む


秋保温泉の磊々峡(らいらいきょう)

 秋保温泉に滞在することになったので、周辺の観光を探す。
 すると、秋保温泉のど真ん中に渓谷があるとのことが。というか、横を流れてる川がそうなのか。
"両岸の秋保石を浸食しながら流れる水が、急流となったり深い淵となったり、変化に富んだ峡谷の風景を楽しめる。磊々峡の名は、1931年(昭和6年)夏目漱石の門人でドイツ文学者の小宮豊隆が名付けた。覗橋の上下約1km。 秋保温泉入り口の交差点(覗橋)から下流に650mの散歩道が整備されている。散歩道を歩くと奇面巌(きめんいわ)、八間巌(はちけんいわ)、時雨滝(しぐれたき)、天斧岩(てんおのいわ)など、見れば思わず納得してしまう名前が付けられた岩場や滝があり、それらを探して歩くのも楽しみの一つ。散歩道の中ほどにはベンチや東屋もある。雨上がりなどには足元が滑りやすくなり危険ではあるが、水量が増して流れが激しい、雄々しい磊々峡を楽しむこともできる。 遊歩道に入るには、秋保・里センターに車をとめ、川沿いの散歩道から秋保温泉入り口の交差点にかかる「のぞき橋」脇のから入るのが便利。"
磊々峡 - Wikipedia

秋保の里センター地図
 さっそく、秋保の里センターに行ってみる。秋保の里センターは、仙台駅からバスで50分程度。有名なおはぎのさいちもここからすぐ。
 正面はビジターセンターになっていて、入ると秋保の観光案内の展示がある。カルチャーセンターと軽食のレストラン併設。といっても、あんまり遅い時間まではやってないけど。
 この里センターの裏手に回ると、川沿いを歩くことができる。その道を通って、のぞき橋へ。
» 続きを読む


秋保温泉のニュー水戸屋に宿泊

 秋保温泉は、仙台からもほど近く、歴史のある温泉。
"秋保温泉(あきうおんせん)は、宮城県仙台市太白区秋保町湯元(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉。仙台都心からも近いため、宿泊のみならず、日帰り入浴にも利用されている。同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯に数えられる。また古くは「名取の御湯」と呼ばれ、兵庫県の有馬温泉や愛媛県の道後温泉と並んで「日本三名湯」の1つに数えられた。"
秋保温泉 - Wikipedia

 仙台駅からは秋保温泉行のバスが出ていて、それに乗れば50分ほど。バス代は1000円程度。今回は「ニュー水戸屋」に宿泊。


 普通に高級旅館。こういう高級旅館でも、最近はビジネスユース向けの安いプランがある。夕食なし、洋間シングルで7000円台。それでも、朝食バイキングあり、温泉入り放題、館内施設の利用制限なしだから、かなりいい。
» 続きを読む

2014 SENDAI光のページェントを見物

 仙台駅からほど近い定禅寺通にて、12/12~12/31までイルミネーションのイベントが行われる。
2014 SENDAI光のページェント
 仙台滞在中に始まるということで、見物に。
アーケードのイルミネーション
 夕食を終えてアーケード街をイルミネーションのやっている定禅寺通方面に歩く。すいている通り、こんでいる通りあるけれど、こんなイルミネーションとどれくらい違うだろうと軽口をたたきながら歩く。
定禅寺通のイルミ地図
 定禅寺通に到着すると、通りの両脇と中央の通りは人だかり。車は普通にとおっているのだけれど、交通規制はないようだ。タクシーはこの時期迂回するらしい。
逆方向のビルの青いイルミ
 逆方向のビルにも青いイルミネーションが。あれはこのイベントに含まれる場所なのだろうか。きれいな色を添えてはいる。
» 続きを読む

イルミネーションの時期の仙台の宿

 仙台駅からほど近い定禅寺通にて、12/12~12/31までイルミネーションのイベントが行われる。
2014 SENDAI光のページェント
 そのせいで、この時期の仙台市内のホテルは通常の宿泊料金から軒並み値上げ。予算オーバーで、予算以内のホテルはなかなか取れない。
 数日前からなら、連泊割引でなかなかのホテルがとれたようだ。


 このドーミーイン仙台ANNEXは連泊割引ありなので、ある程度安く泊まれる。夜は夜食ラーメンサービスがあったり、天然温泉に入れたりと、ビジネスにはなかなか魅力的。男女別温泉大浴場、全室禁煙。素晴らしい。
 でも私は連泊ではなかったのでほかの宿を必死で探す。

ライブラリーホテル仙台駅前

ライブラリーホテル仙台駅前
画像提供:じゃらん.net

ライブラリーコーナーには、美術・建築・インテリア・料理などの専門書がさりげなく配置されています。1Fラウンジにてフリーコーヒーサービス(14時~24時)。本とコーヒーでお寛ぎの時間を!
»じゃらんnetの詳細ページへ
地域:宮城県


 ライブラリーホテル。1Fにライブラリースペースがあるのが売りのホテル。うーん、格式があるように感じるが、どうなんだろう。英語の本が置いてあるし、本棚スペースがあるだけだし。
 それでも、ほかの宿より安く泊まれたのはとてもありがたい。駅からちかく、コンビニも多数近くにあるので、利便性も全く問題なし。よかったよかった。

«Prev || 1 | 2 || Next»

↑ PAGE TOP